子供の知育ガイド

大人気!ロボット教室で評判が良いのはココ

dantetg / Pixabay

ロボット教室

ロボット教室を受けた理由

ロボット教室を受けた切っ掛け

親子ともにレゴが好きで、よくレゴを組み立てて遊んでいます。そして、ニュースでレゴを使ってロボットのプログラミングが学べる「レゴ エデュケーション WeDo」というものがあること、それが学校の授業でも使われていることを知りました。非常に興味を持ちましたが、まだ小学校1年生の息子には早いだろう と思っていました。

そのような中、学校で配布された「e-とぴあ・かがわ」のチラシに「ロボットを作ろう!動かそう!」という企画があり、その一つが「レゴ エデュケーション WeDo 体験」でした。当日自由参加、申込不要、参加無料で、しかも親子参加可という内容でした。

なぜ参加を決めたかというと、自分で組み立てたレゴを自分の動かしたいように動かせたら、息子が非常に喜ぶだろうと思ったからです。それによって、ロボッ トやプログラミングに興味を持ち、身近に感じて欲しいと期待しました。これからの時代を生きていくにあたって、ロボットを作る・動かすということが身近に ある方が、将来の選択肢を広げられるだろうという思いもありました。

実際に受講した様子

e-とぴあ・かがわの1室が、ロボット教室のために充てられていました。1台のパソコンに椅子2,3脚とレゴ エデュケーションのセットが、15~20組分ほど用意されていました。申し込みは先着順で、1組終わったら次の1組と交換するというシステムでした。

次の人が待っていることを考えると、すべてを息子に任せてゆっくりと作業することは難しく、レゴの組み立ては息子、その後のプログラミングは親が主に担当 しました。息子が選んだのは船で、プログラミングにより波で揺れるような動きを再現できます。不明な点は近くのスタッフの方に聞くことが出来ました。

プログラミングはアイコンをドラッグ&ドロップするもので、視覚的に分かりやすく、最後には息子も自分で修正したりしていました。再現したい動きをイメー ジしながらプログラムを組み、実際の動きを見て調整していくという作業を経験でき、ロボットがプログラムで制御されているということを理解できたのではな いかと思います。
本当はもっと長い時間をかけてじっくりと取り組みたかったのですが、無料であることを考えれば、とても良い体験が出来たと思います。

e-とぴあ・かがわでは「ロボット入門」という名称で 毎月第2・4土曜日に、私たちが体験したものと同じ内容の講座を行っているそうです。1回6名限定、費用は無料で、何度でも参加できるということなので、 また「ロボット入門」に参加してみたいと考えています。こちらであれば、時間は1時間ありますし、ゆっくりと取り組めると思いますので。
また、小学校4~6年生は「ロボット・ラボ」という、レゴマインドストームEV3を使った講座が受けられるそうです。テキスト代600円、全16回のコースということで、ゆくゆくはこちらにも参加をするつもりです。

ウチの子、本当に続くのかしら?と思ったら

2016-07-07_182720

自宅で作れる本格ロボット「電動知育ブロックIQKEY」

ロボット教室に興味があるけど、「本当にウチの子は続くのかしら?」「興味はあるの?」と心配な方も多いはず。また、本当は通わせたいけど近くにない、時間が無い、そんな方には自宅で作れる本格ロボット「電動知育ブロックIQKEY」がお勧め!「将棋電王戦」の生みの親である人工知能研究者の第一人者、松原仁さんも推薦のロボット教育ブロックです。

-ロボット教室